貼り絵を作ってみようと思ったきっかけ

いろいろとやってみたい性分なので、今までにもビーズクラフトや服作り、編み物などチャレンジしては飽きてやめてしまうという事を繰り返してきました。そんな飽き性の私でも細く長く続いているのが和紙で作る貼り絵づくり。

 

きっかけは、とある雑貨屋さんで見つけた、和紙が十数枚入ったセットでした。そのやさしい色と独特の風合いが気に入って買ってきて、これで何か作れないかなと思ったのでした。季節は冬で、この和紙で友人に出すクリスマスカードを手作りしてみたら良いのではと思い立ちました。

 

全くの自己流で作ってみたこのクリスマスカードが、自分ではなかなか満足の行く出来ばえとなり、作ったものを早速友達に送りました。友達も喜んでくれ、これに味をしめ次は年賀状にチャレンジ。

 

最初に買ってきた和紙には正月にふさわしい華やかな柄のものが無かったので、あちこちのお店を探して千代紙や金箔風のものなど買い揃え作り始めました。年末の何日間かかけてせっせと作った甲斐もあり、お正月らしいオリジナルな年賀状ができました。

 

こうなると、もっと作ってみたいと、まずは材料を集め始めました。紙の専門店が名古屋市熱田区にあるのでそこへ行ってはお徳な和紙の切れ端の袋詰めなどを買ってきて、次々と作っていきました。題材は身近な花や風景などの他、子供が捕まえてきた昆虫、自分の想像の世界を描いたメルヘン風なものと雑多に何でも作りました。

 

最近では作りすぎて保管場所もなくなってきたので、ペースダウンしていますが、作り始めて十余年も飽きずに続けるとは自分でも驚きです。ハガキばかりではなく大作を作ってみたいと今は思っています。

 

スポンサードリンク